<< 私、この子の親なんです | main | 全国から高校卒業生が大集結!(オーストラリア) >>
この子だれの子?
0
    『この子うちの子』
    文:伊藤葉子(米国・ロサンゼルス在住)
     

     あなたの子どもが、親である自分に全く似ていない。子どものベビーシッターだと勘違いされ、ましてや誘拐犯だと疑われたら。どう思うだろう?

     生まれたての次男は黒髪で、一重まぶたの切れ長の目をしていた。スウェーデン系米国人である夫の友人が彼を見て、こう言った。

    「おいおい、本当にお前の息子か」

     次男は、それほど東洋的な顔の赤ん坊だった。

     ところが生後2週間もすると、彼の目はぱっちり開き、赤毛になったのだ。今度は母親の私が買い物や用足しに連れて行くと、店員から怪訝な視線を向けられるようになった。

    「あの、夫がアメリカ人なので」

    すると皆、納得する。

    「ちなみに、私は血のつながった母親です」と付け足すと、大笑いされたものだ。

     こちらでは第三者提供の卵子や精子により、子どもを授かる人がいる。アンジェリーナ・ジョリーのように、外国から孤児を迎えて自分の子どもとして育てる人もいる。こうして自分と全く似ていない子どもを持つ人はいるが、私の場合は正真正銘自分の子どもなのに。

     次男が1歳の誕生日を迎える頃には、金髪になっていた。父親そっくりだった。私がジャージ姿で次男を公園へ連れて行くと、彼のベビーシッターだと勘違いされる。なるべく、“見た目のいい”服装をするように心がけたものだ。

     ある日、次男を子ども専用のゲームセンターへ連れて行ったときのこと。数時間遊ばせた後、帰ろうとしても彼はもっといたがっている。昼寝の時間になるので、抱っこして連れて帰ろうとすると、次男は泣き叫んで私のことをかもうとするのだ。すると誰かが後ろから私の肩をたたいて、こう言った。

    「ちょっと、この子は本当にあんたの子どもなのか?」
     私のことをにらみつけるので、今度は私が怒った。

    「私の息子ですよ、何でそんなこと言うんですかっ!」
     今では笑い話だが、このときはかなりムッとした。

     自分の息子のベビーシッターによく間違われるという、メキシコ人の友人は、同胞から時給はいくらかと訊かれると、こう答えるそうだ。

    「私は福利厚生付きで、しかもこの子の父親と一緒に寝ているのよ」
    ここまでジョークにしてしまうと、もう立派である。

    ≪伊藤葉子(いとうようこ)/プロフィール≫
    ライター・翻訳者。カリフォルニア大学卒業後、地元の新聞社勤務。日系企業に関する取材記事を英語で執筆。現在では子育てを通じて、別の視点から米国事情を学んでいる。訳書に『免疫バイブル』(WAVE出版)がある。在米14年。
    カテゴリ:『この子うちの子』 | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://world.chikyumaru.net/trackback/489004
    トラックバック