<< リゾート地ならでは! ゴルフ場ウェディング | main | 年に一度のご馳走、パロロ (サモア) >>
白でトータルコーディネート(ネパール)
0
    『世界の冠婚葬祭』
    文:うえのともこ(ネパール・カトマンズ在住)


     街中で時折見かける全身白尽くめの男性たち。大抵は白い帽子も被っている。帽子の下はと言えば丸坊主。しかしつむじの部分に一束だけ剃る前の長い毛髪を残している。このちょろっとしたねずみの尻尾のような部分を「トゥピ」と呼ぶ。なぜこのようないでたちをしているのか? 親族(両親、祖父母、配偶者)を亡くし、喪に服している期間だからだ。
     
     足元は白いスニーカー、靴下、ズボン、シャツ、セーター、ジャケット、マフラーまでも白で、頭もスースーするから野球帽やニット帽なんかを被る。アンダーウエアももちろん白だろう。(未確認)白に準ずると思われる生成り、クリーム色、肌色、ベージュくらいまでがOKラインなのか、そんな控えめなグラデーションになっていることも。

     ある初老の男性は、手編みと思しき複雑なアラン模様を編みこんだ生成りのフィッシャーマンズセーターを着ていて、おや、何気にかわいいじゃない?と思わせた。海のない国でアイリッシュフィッシャー風だなんて本人は露とも意識していないはずだが。一方、登下校中の制服を着た元気な小学生の集団に、一人坊主頭で真っ白な服装の男児を見つけると痛々しい。

     さて、モーターバイクの運転者にはヘルメット着用が義務付けられているが、このような全身白の人たちはノーヘルが許可(黙認? )されているようである。わざわざ白いヘルメットまで買う必要はないということなのだろうけれど、バイクに乗る時でさえ、白以外の色を決して身に着けないという徹底ぶりに、大概のことには大らかでいい加減なネパール人がそこまでこだわるどんな理由があるのだろう? と気になるではないか。生きている人間の安全面よりも伝統としきたりを重んじるこの国らしいといえば納得。

     女性の場合は配偶者が亡くなった場合のみ、白いサリーを着て、最短でも13日間、長い場合は数ヶ月家から出ないようにして過ごすそうだ。だから白装束の女性を街で見かけることがないというわけだ。白いサリーやクルタスルワール(※)を着ている女性は看護師か看護学生なのでお間違いなく。

     服喪中の決まりはほかにもあり、最低13日間、塩を口すべきでないとされていたり、毎年命日には丸めたご飯(ピンダ)を死者のために川に流したりする。私が頬張るおにぎりにネパール人の異様な眼差しを感じるのは、これが理由らしい。

    ※ブラウス、パンツ、ショールの3点スーツ。パンジャビドレスなどとも呼ばれる。

    ≪うえのともこ/プロフィー ル≫
    実は服喪中の人以外に、常にノーヘルを黙認されている人々がいる。それはシーク教徒の男性たち。ネパールでは少数しか見受けられないが、頭にグルグルとターバンを巻いているのですぐにわかる。やはり安全規則より信仰や伝統が重んじられているのね。よく見ればなるほど、しっかりと巻かれていてヘルメットよりもプロテクト効果大かも。かれこれ在住のべ5年。「ネパールの達人」 としてブログで情報発信している。
    カテゴリ:『世界の冠婚葬祭』 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://world.chikyumaru.net/trackback/459900
    トラックバック