<< 家庭内論争の主役?!オランダの駄菓子 | main | リゾート地ならでは! ゴルフ場ウェディング >>
グーディスは週末のお楽しみ
0
    『世界の駄菓子』
    文・写真:田中ティナ(スウェーデン・エステルスンド在住)


    「今日は土曜日。“Lördagsgodis(ローダスグーディスと読み、日本語で『土曜のお菓子』の意)”買ってもいいでしょ。ねぇーっ」。

     週末、スーパーで買い物をしていると、子どもたちのせがむような声が聞こえることがある。近年太り気味の子どもたちが増えてきたせいか、はたまた虫歯にならないようにとの配慮からか、それともしつけのためなのかは定かではないけれど、「甘いものは週末だけの特別なお楽しみね」、という家庭が多いためだ。

     なくても生活に支障はないけれど、あればより楽しい気分になれるお菓子。ピンク、赤、緑に黒など色とりどりで、キノコにイチゴやドクロなど形もさまざまなグミをはじめ、各種キャンディやチョコレートなど、豊富な種類から、好きなものを好きなだけ袋につめて購入する、量り売り形式。口の中に広がる甘さはもちろん、ビジュアル的にも子ども心のみならず、子ども時代を懐かしむ大人心をくすぐるラインアップが揃っている。週日とはちょっと違う特別の日、週末だから口にできるグーディス。「毎日、好きなだけいくらでも食べていいよ」といわれたら、楽しみも激減することだろう。

     そして、販売店側も考えたもので、買い物の最後、清算をするためにレジに並びながらどうしても目に入ってしまうような場所にグーディスコーナーを設置している。つまり、スーパーに行けば週末のみならず年中、「おいしいよ。さあいらっしゃい」と私たちにささやきかけている。親が、「グーディスは週末だけ」と決め、子どもたちが日々の誘惑に打ち勝つのはホント難しそうだ。

     さて、このグーディスの中で、個人的にどうしても好きになれないのが、甘草やアニスの香りが特徴の真っ黒なリコリス。なかでも、塩味風味のリコリスを口にしたときの驚きと強烈な印象は、今でも心の隅にしっかりと残っている。友人は「これがおいしいんだよねぇ。エッいらないの。じゃ私が」と嬉しそうにつまんでは、ポイポイと口に入れている。味の好みは本当に千差万別。

     ところで、ある研究によると人工着香料や着色料を使った食品は、落ち着きがなかったり、集中力が続きにくい状態、「ハイパーアクティブ」の原因として注目されているという。製造会社は「安全な材料を使っている」とのことだが、おいしい味と夢を運んでくれるグーディスが末永く、肉体的にも精神的にも私たちの味方になってくれるように、と祈っている。

    魅惑のお菓子がぎっしり詰まったグーディスコーナー。
    魅惑のお菓子がぎっしり詰まったグーディスコーナー。好きなものを好きなだけどうぞ。


    これが黒光りするひも状リコリス
    これが黒光りするひも状リコリス


    ≪田中ティナ/プロフィール≫
    フリースタイルのジャッジとしてソルトレイク、トリノオリンピック、ワールドカップの審判を、また、2007年イタリアの世界選手権では主審を務める。真剣勝負に挑む選手の演技に負けないように、ジャッジングの技術の向上に努力中。海外情報やこぼれ話をはじめ、スポーツの面白さも皆様にお届けしていきたいと思っている。
    カテゴリ:『世界の駄菓子』 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://world.chikyumaru.net/trackback/447042
    トラックバック